インプラント治療

歯を失った際の3つの治療法

歯を失うと噛めない、話しにくい、見た目が悪いなどの問題が起こります。また、失った状態を放置することで歯並びが悪くなったり、残っている歯の負担が大きくなるなど口腔内全体に悪影響を及ぼします。

そうならないためには失った歯を補うことが必要ですが、その方法には次の3つの治療法が挙げられます。

入れ歯

隣の歯を削らなくても失った歯を補うことができますが、違和感が大きく話しにくい、見た目が悪い、痛くて噛みにくいなどの欠点があります。

ブリッジ

違和感が少なく、しっかりと噛むことができます。しかし、隣の歯を削る必要があり、力の負担も大きくなるため周囲の歯への影響は大きくなります。

インプラント

隣りの歯を削らなくても、痛みや違和感のない自然な噛み心地や美しさを取り戻すことができます。

骨の再生や歯の審美性

以前は骨のあるところにしかインプラント治療ができませんでしたが、現在では、骨を再生する技術が発達し、骨の少ないところにも骨を作ってインプラント治療を行うことができるようになりました。

さらに骨の再生治療を応用することにより固定して噛めるだけではなく、自然な美しさを再現できるインプラント治療が可能になりました。

より安心安全な治療法

静脈内鎮静法

外科処置が不安な方には麻酔専門医による静脈内鎮静法により、専用の薬剤を用いることでリラックスした状態の中、手術を受けて頂くことが可能です。

術中は専門医が患者さんの状態を管理し、万全の体制を整えて行います。

静脈内鎮静法を行いますと、手術中の意識はありますが、まるで寝ているような状態になり、痛みを感じる事や手術中の記憶はほとんどなく、実際に受けられた方からは「気がついたら手術が終わっていた」とのご感想をいただいております。

使用する薬剤は身体に対し有害な作用はなく、極めて安全なものを選んで使わせていただいております。全身麻酔とも異なりますので、鎮静状態からの回復も早く、その日のうちにお帰りいただくことができます。

CT

当院では、高性能CT、X線装置の導入によ高精細な3次元画像で観察が可能、提供、的確な治療が行えます。先進のテクノロジーによりX線照射線量(一般CTの約1/5以下)が少なく患者さんにやさしいです。

一般CTとは異なり、患者さんは横にならずに立ったままで撮影します。撮影時間は約9.4秒で、非常に楽に撮影を受けられます。

一回の撮影で構築される3次元画像領域から、任意の方向の高精細な3方向断面画像が得られますので、より精度の高い観察ができます。

治療の流れ

問診・検査・診断

問診・視診・触診、エックス線・CT検査、口腔内写真などから、治療計画を作成。

インプラント前の処置

口腔内の清掃、歯周病、むし歯などの治療。必要に応じてあごの骨の造成を行う。

1回目の手術

歯ぐきを切開して、骨の中にインプラントを埋め込みます。

インプラントを行う前の状態。

インプラントを埋め込む。手術後、1~2週間で抜糸。

インプラントと骨が結合するのを待つ。通常、上あごで4~6ヶ月。下あごで2~4ヶ月。

2回目の手術

歯ぐきを切開してインプラントにアバットメントをつける(頭出し)手術をする。歯ぐきが弱くなっている状態であれば歯肉の移植手術をすることもある。

仮歯の装着と修正

アバットメントに仮歯(仮補綴物)を装着し、修正を行う。

最終的な歯の装着

2回目の手術後、歯ぐきが落ち着くまで約2ヶ月おく。型取りをして最終的な歯を作る。かみ合わせや見た目の調整をして装着。約1ヶ月かかる。

メンテナンス

口腔内の状況、セルフケアの状況などによって、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に歯科医院でのメンテナンスを受ける。

診療事例

下の奥歯にインプラント治療を行った事例

41才 / 男性 / 会社員 / 治療期間6ヶ月

治療前

入れ歯が気持ち悪くて使いたくないため、インプラントを希望し来院されました。

治療後

インプラントの手術を行い、固定式の修復治療を行いました。

X線写真

治療後のエックス線写真

前歯にインプラント治療を行った事例

29才 / 男性 / 税理士 / 治療期間1年6ヶ月

治療前

見た目の改善を希望し来院されました。歯が割れていたため抜歯を行いました。患者が歯を削りたくないためインプラント治療を選択しました。

治療後

骨の再生と歯肉の再生を併用したインプラント治療と矯正治療を行い、歯を削ることなく失われた歯の回復を行いました。

X線写真

治療後のエックス線写真

上あご全体にインプラント治療を行った事例

60才 / 男性 / 会社役員 / 治療期間3年

治療前

入れ歯で十分に噛めないため、インプラント治療を希望し来院されました。

治療後

状態の悪い歯をすべて抜歯し、インプラントを用いて修復治療を行いました。

X線写真

治療後のエックス線写真